息 臭い

息の臭いが気になり、
好きな人としゃべる時も
つい距離を置いてしまう。。



そんな悩みを持つあなたへ、 息の臭いを
30日以内でなんとかする方法

6ステップに分けて
お話ししていきます。


この6ステップを実践し、
口臭がなくなれば、
あなたは、
友人との会話を
おもいっきり楽しめるように
なるでしょう。


また、
話している時に
相手に鼻をふさがれて
ハっとして、

息を気づかいながら
話さなくてはいけなくなる
こともありません。



逆にここで話しを聞いておかないと
「あの人、息 臭いね。。」
影で言われまくり、

友達や恋人にも
あなたの息がかかるのを
そらすような
行動をされたり。。

一生悩まされ続けることになります。


それでは、早速
息 臭いをなくす6ステップ、
はじめましょう。

1:口内洗浄


口の中の汚れ。。

これは、口臭の原因で
やっぱり普通に多いんです。


「私は10分以上かけて
 ちゃんと歯磨きは
 やってます!」


って人も多いはず。。


確かに、息の臭いを
気にされている人は、
歯磨きに時間をかけている
人も多く、
虫歯が一本もない!という話も
よく聞きます。


しかし、口臭の原因になっているのは、
歯にこびりついている
汚れや細菌などのことも多々あります。

そういったしつこい
汚れを落とすには、
最近話題のこの歯磨き粉
おススメします。


⇒ なたまめ柿渋歯磨きのHPはコチラから


なたまめには、口腔内の汚れを
除去する力が強く、
口臭にもかなりの効果が期待できます。

今なら全額返金保証もついてますので、
ぜひ一度試してみて下さい。



さらに、口の中を
きれいな状態に保つためには、

・歯間ブラシを使う
・電動歯ブラシを使う

方法もあります。

こちらもぜひ、実践してみてください。

2:口内の乾燥


ステップ1で、
かなり口の中はキレイになりました。

でも
息 臭いについて
まだ、もう一点大切なことが
あります。

それは、
口の中の乾燥を防ぐ

ことです。


口の中が乾燥していると
細菌が繁殖しやすくなり
イヤな息の臭いが発生しやすくなります。


では、口の中が乾燥する
原因は何でしょうか?


いろいろあります。


原因1▼口をあけている・口呼吸


ずっと、

・口を開けている人
・口で呼吸をしている人、

これは最悪です、すぐに止めて下さい。


口を開けたり口呼吸をすることは、
口の中を乾燥させて、
息 臭いを引き起こします。


原因2▼食事を抜いてしまう


やっぱり、唾液の分泌は、
食べ物を口に入れると
最高に促進されます。

なので逆に
食事を抜いてしまうと
口の乾燥が進みます。

あと、同じ食べ物を食べるにしても、
よく噛んで食べると
さらに多くの唾液が分泌されます。


原因3▼水を飲まない


唾液の中で最も多い成分は
やっぱりです。

なので水を飲む量が少ないと
唾液が出にくくなります。


原因4▼その他


その他にも、
・ストレス
・年齢から来るもの
など、いろいろな理由で、
唾液は出にくくなります。


******

このような原因で
口は乾燥してしまいます。

それでは、どうすれば
口の乾燥を押さえて
息の臭いを止めることができるのでしょうか。


対策1■口はできるだけ閉じる


これは、特に気をつけましょう

口が閉じている
口の中がうるおっている

何度もチェックして、
出来るだけ閉じた状態を
保って下さい。

とはいえ、つい
忘れてしまうのですが。。

これで、だいぶ息の臭いが変わるので、
ぜひ、意識して実行して下さい。


対策2■水を飲む・うがいをする


唾液の分泌を良くするには
水を飲むことも重要です。

キレイな水を
1日1リットルくらい取れれば
いいでしょう。

(もちろん2リットルくらい
 取れればもっといいのですが。。)

また、まめにうがいをすることも
有効です。

繁殖しかけている細菌を
洗い流し、しかも口の中がうるおうからです。


対策3■規則的な食事


朝ごはんを抜くことが
多い人は、出来るかぎり、
抜かないようにします。

食事を3食、しかも
よく噛んで食べましょう。

当たり前ですが、
よく噛むと唾液の分泌が
かなり よくなります。


対策4■口の体操


唾液の分泌をよくする
口の体操をしてみましょう。

軽く歯をカチカチとかみ合わせる。
舌を口の中でぐるぐるまわす。

定期的に
まめに やってみて下さい。

あと、ガムをかむのも、
めちゃ効果的です。

これはあまりにも有名ですが。。



++++

以上のことを実践すると、
口の乾燥を抑えるのに
かなり、効果的です。


ぜひ、試してみて下さい。

3:タング・ウォッシュ


ココまでで口の中は
キレイになりました。

でも、意外に見落として
しまっているのは

舌の汚れ

です。


舌は、細菌が住みつきやすく、
放っておくと「息の臭い」の原因になります。

ただ、
舌はとてもデリケートで、
舌の汚れはそれをガードする役目も
ある程度はあるので、
あまり完全にはキレイにしない方がいい
ようです。

なので、

■上あごと舌をこすり合わせる
■終わったら、丁寧にうがいをする。

あまり、強くこすり合わせる必要も
ありませんよ。。

これを
1日2〜3回行えばいいでしょう。

それで、舌は、
最適な状態を保てます。

4:体の中からも。


ここまでくれば、
多少なりとも効果は
あるのでは、ないでしょうか?

まだ
息 臭います?



もし、まだ
息の臭いが消えないなら

それはあなたの体内にある
何か悪いモノ
息に混じっている
可能性が高いです。


よく胃の臭いが
息にも上がってくると
いう人がいますが、
それはありません

きたない話しで申し訳ないですが、
ゲロってかなり
臭いですよね?


あれが胃の中の「臭い」です。


さすがにあの臭いが
息と直接つながっていれば、
臭いどころじゃありません!

胃は、しっかりと
フタをされている構造になっており
胃の空気が息まで
もれることはないんです。


じゃあ、いったい
どこから来るのか?


実は

肺から

来るんです。


たとえをあげると、
ニンニク料理ですが。。

ニンニク料理をたくさん食べたあとは
どれだけ歯を磨いても、
マウスウォッシュをしても、
次の日も臭いが取れない。。

そういうことは、
経験したことがあると思います。


これは、
何故でしょう?


ニンニクは口から食べられて
胃で消化され、腸までたどり着き、
そこで栄養分が吸収されます。

吸収された栄養分は、
血液に入り、そこで全身を
駆け巡ります。

そして血液は、
肺を通り、そこで
酸素をもらうんですが。。


この時、
息の臭いが発生します


つまり、ニンニクの持っている
臭いの成分が
腸で栄養分が吸収されるとき、
一緒に血液に入ってきます。

そして、
それが肺を通る際に
臭いを吐き出す

という訳です。


少し長い説明でしたが、
分かりましたでしょうか?


何が言いたいのかと
いうと、つまり

■何らかの要因で血液が汚れたら
 それが「息の臭い」の原因に
 なることがある。

ということです。


要因については、
かなり色々なモノが考えられます。

・臭いのきつい食べ物
・便秘
・胃腸の病気
・腎臓の病気
・肝臓の病気
・糖尿病

病気の場合は、まず
その病気を治すことが
大切なのですが、

それ以外のものなら、
ある程度、
サプリ系のモノで緩和していくことも
出来ます。


最近、
話題になっているサプリがコチラ。。。


⇒ 飲む香りのサプリ★『薔薇の滴』


先ほどの理屈でいうと、体内に消臭効果と、
香りの効果のあるバラのエキスを取り込むことによって、
徐々に体の中の臭い成分が浄化されていくということです。

こういったサプリメントを飲み続けることで、
血液の汚れをキレイにすることが
できれば、

体の中が原因の
息の臭いは
改善されていくでしょう。

5:病気


ここまで来てもまだ、
息 臭い」が解消しないようであれば、
やはり一度
病院にいくことを
おススメします。

4ステップ目でも少し紹介しましたが、
口臭の原因となる病気はかなりあります。

・虫歯
・歯周病
・口の中の疾患
・鼻の疾患
・のどの病気
・胃腸の病気
・呼吸器の病気
・糖尿病
・腎臓の病気
・肝臓の病気

など。


まずは
歯医者で調べてもらい、
アドバイスをもらうのが
いいでしょう。

また
口臭を専門に取り扱っている
病院に行くのもいいかもしれません。

6:最後の切り札


病院に行っても改善されなかった。。

そういう方も
いらっしゃいます。


もはや、打つ手はないのか?


そんなあなたを
救うことができるかもしれないモノが
ひとつだけあります。


この教材です。


【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム


1000名以上
頑固な息の臭いを治した実績が
あるようです。


完全返金保証もついています。

試して効果がなければ
返金してもらえます。


口臭の教材では、
飛びぬけて有名なモノなので、
返金に応じないことは
ないでしょう。

つまりあなたには、
リスクがないということです。


【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム



。。以上の6ステップが
あなたを息の臭いの悩みから解消できるかもしれない
私が知るかぎりの全行程です。

あなたの息の臭いが少しでも収まることを願っています。

では最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。



 
  • (2011/12/20)link2を更新しました
  • (2011/12/04)link1を更新しました